早慶附属高校合格を目指すキミへ

今は、早慶附属高校入試の真っ只中。7日は慶應志木、今日早大本庄、明日は慶應義塾、慶應女子、早実、明後日は早大学院だもんね!

私は某進学塾で早慶附属高校クラスの講師をしてる。目の前にいる教え子は、長い間苦楽を共にしてきた家族同然。だから、目玉が飛び出るんじゃないかと思うぐらい全力で応援してる。

あとね、このブログを読んでくれてるキミのこともめちゃめちゃ応援してる。だってそうでしょ? キミに会ったことはないけれど、こんなちっぽけなブログを見つけてくれて、私の声に耳を傾けてくれてるんだもん。

これまでキミは、早慶附属高校合格を目指して、キミなりに全力を尽くしてきたよね。もしかしたら中だるみがあったかもしれない。ゲームやテレビの誘惑に負けたことも。お父さん、お母さんとぶつかったことだって。

でもキミは今、日本で最難関のひとつといえる早慶附属高校合格に手を掛けてる。ここまで来られたのは、キミが命を削って頑張ってきたからだよ。合格・不合格の前に、その頑張りは大いに誇ってください。

そして、ここまできたら、100%の力を出したいよね。そのために必ずやってほしいことが3つだけある。

1つ目は、試験会場に着いたら必ずトイレに行くこと。トイレ行かないと緊張はとれないよ。汚い話だけど、大きい方ができれば最高! めっちゃリラックスできるよ。確実にトイレできるように、なるべく早く試験会場には到着するようにしてね。

2つ目は、試験開始直前までテキストや単語帳をゴリゴリやらないこと。それやっても、残念ながらそこからは出題されないから。そのうえ、脳みそが疲れちゃうよ。そんなことより、じっと5分ぐらい目を閉じてみて。次第に頭がスッキリしていくよ。その後に目を開けると、集中力が劇的に高まっているのを実感できるはず。

そして最後の3つ目。試験会場に向かう時、お父さん、お母さんに「これまでありがとう!」って、声に出して伝えて。お父さん、お母さんにとってキミは、宝物であり分身であり生きがいであり全てなの。これまでキミが苦しかったように苦しみ、キミが悩んだように悩み、そしてキミを全面的に支えてくれた。だから、恥ずかしくても必ず伝えて。それができればキミは絶対に受かる。

頑張れ!